TOP

社員インタビュー

ロックシステム座談会

ロックシステム座談会 ~やる気溢れる将来の幹部たち編~

社員紹介

Q1.ロックシステムと出会う前のお仕事

メイン写真

司会:本日はお集まりいただいてありがとうございます!ロックシステムで若手リーダーとして将来を期待される皆さんの過去、現在、未来についてお話聞かせてください。まず皆さん前職はどんなことをされてたんですか?

kao

池田:前職も組み込み系のシステムエンジニアを8年ぐらいやってたね。主にロボットやビルに入っているエアコン、ガスとか管理する機械のシステム側を作ってて。前職は8年ぐらいしててもずっと下っ端やったけどね(笑)

kao

小泉:そうなんですね、僕はその作ってくれたエアコンの施工と保守をしてました。前職の会社もシステムエンジニアの部署はあったんですけど入社するまで配属される部署が分からない状態で結局僕は施工管理や保守の部署に配属されて仕事をしてました。

kao

池田:エアコンが上手く動かんかった時ってソフト屋さんかハード屋さんのどっちが悪いとか決めるのが大変やったね。

kao

小泉:ほんまに大変でしたよ、夜遅くまで自分が悪いんじゃないかって確かめるけどソフト側の問題だったこともありました(笑)

kao

浅尾:僕の前職は、製鉄所の研究室で生産効率を高めるためのシミュレーターをPython、MATLABを使って作っていました。まぁ研究者のお手伝いですね、数学系の知識とかソフトも使ってたから分類としてはシステムエンジニアになると思います。

司会:じゃあ計算得意なんですね、難しそうな仕事ですね。

kao

浅尾:まぁ得意なほうですね(笑)それでも分からないことも多くてデータベース、クラウド、ビッグデータいろんな勉強をしました。

司会:やっぱり仕事しながらも勉強していかないと厳しいんですね。

kao

武田:この業界、毎日が勉強やからね。おれは違う業種の営業で代理店仕事やってたからほぼITとは無関係。樋口さんも営業してたんやんね?

kao

樋口:そうですね、前職は広告業界で全然関係ないんですけど、25歳の時に東京でIT業界に入って最初はプロジェクトに参画してPMの補佐とかしてたんです。
600人規模の大きいプロジェクトだったんで関わってる会社数も多くて、その中で仲良くなった人とプロジェクトを繋げることをしてたら営業に転身してました。

Q2.ロックシステムに転職して変わったこと

メイン写真

司会:前職から転職のきっかけはなんだったんですか?

kao

樋口:当時、IT業界で営業をしていた会社は、営業主体の会社で営業はお金をたくさんもらってあまりエンジニアさんが頑張って働いてもあまり還元されない会社でした、それが不満でエンジニアさんは愚痴ばっかり言っている状態で、その状態を変えようと自分なりに行動してたんですけど営業の部署で一人浮いた存在になってしまったんです。そこでIT業界全体がそういう状態なんだなと思って見切りをつけてこの業界から一回離れました。

司会:そこからもう一度戻ってこられた理由があるんですか?

kao

樋口:そうなんですよ。それから関西に引っ越して最初に勤めた会社がパワハラ、モラハラがすごくて辞めちゃったんです。次の仕事を考えたときに、もともとIT業界で営業を経験したんですけど、技術の事とかSEの仕事を知らずにIT業界はダメって決めつけてしまうのはよくない、一度しっかり勉強してみようと思ってロックシステムに入社しました。

kao

武田:なんかロックシステムに入社した決め手があったんかな?

kao

樋口:言い方が悪いですけど、IT業界の人は癖が強くて話をしてるだけで疲れることも多々あるんですよね。せめて自社の人や社長は普通に話したい気持ちが強かったんですけど、ロックシステムの人は社長も含めて気にせず話せる人が多かったんです。そこでこの会社の人は感覚が近いのかもしれないって思って入社を決めました。

kao

池田:感覚が近いっていうのは分かるね。
おれは転職理由としては上司が嫌な人やったことも原因やし、他の社員に会うのも年に1回ぐらいでどんな人がおるかもわからん状態やったから、もっと社内でコミュニケーション取れるとこがいいと思ってた。
転職活動をしていた時いろんな会社から内定はもらったけど、ここの社長から忘年会に誘われて社員の人と話をする機会をもらって、それまでエンジニアの人は変な人とかきつい人しかおらんと思ってたのが全然そんなことなくて初めて会社の飲み会が楽しいと思ったのが一番の決め手。

司会:池田さんの紹介で入社される方も何人か在籍されてますね。
どういう風に会社のアピールをしてるんですか?

kao

池田:そうね、一緒に働く人を見てもらうためにロックシステム会(社員飲み会)に誘うのもそうやし、「まだ残業してんの?」って言って働き方の普及活動をしてるわ(笑)

kao

小泉:かっこいいこと言ってますね(笑)
まぁフィーリングって大事なんでしょうね。やっぱり会社に入る前に働いてる人を見てこんな会社なんだって見るのは安心しますしね。

司会:小泉さんは一番大きな要因はフィーリングですか?

kao

小泉:フィーリングとは違うかもしれませんが、趣味でボルダリングやってて偶然にもサークルにロックシステムの社長と社員さんがいて仕事がしんどいって相談してたんです。普通仕事をしてる人と話してたら会社の愚痴の話になりがちですが、ロックシステムの人は愚痴を全然こぼさない人達で仕事もプライベートも楽しんでるなって感じたんです。そこから社長にそんなにしんどいんだったらロックシステムに来るかって言ってもらって入社を決めました。

kao

浅尾:今じゃ平日もボルダリング行ってますもんね。

kao

小泉:そうですね、ボルダリングするために転職したんで(笑)
前職ではこの日は定時に帰ってボルダリング行こうとか考えられなかったんですけど今じゃ週3ぐらいで行けてるのでストレスなく働けてます。
浅尾さんは前職にはなにか不満があったんですか?

kao

浅尾:前の会社は要望とか話を全然聞いてくれなくてプロジェクト先に行くのに往復で3時間ぐらいかかるようなとこでそれがすごいストレスだったんです。
やりたいことの要望も聞いてくれないので転職を考えました。

司会:そこからロックシステムへ入社の決め手になったことはありましたか?

kao

浅尾:一番は参画するプロジェクトの要望を聞いてくれるところですね。
転職活動をしているときにロックシステムの社長と話をしててこういう仕事がやりたいですねって話したら頑張ってやっていこうかって最初から聞いてくれたんですよね。プロジェクト先もチャリ圏内ですし(笑)
今でも社内のAI勉強会で使うロボットキットを買ってもらったり、エンジニアの声を聞いてくれるのが大きいです。

kao

武田:今や浅尾はAIチームのリーダーやもんね。俺はみんなみたいに良いことは言えないよ。 前職は代理店仕事で作られたものを売るだけであんまりやりがいって感じられなくて、なんか物つくりの仕事がしたいって思って仕事辞めたんよな。そこからゲーム好きやからプログラミングや!って思って職業訓練校で勉強していろんな企業受けたけど、とにかく落ちまくってた時にロックシステムを紹介してもらって拾われたのが理由やね。初めてのIT業界への転職活動の時は新卒の子との集団面接をしたり、あの頃はちょっと辛かったな。

kao

樋口:社会人経験とかで勝てそうなイメージですけど違うんですね。

kao

武田:営業でどう?とか聞かれるけど、それやったら前職続けてるし営業でお金たくさん稼ぐよりプログラミングの仕事がやりたかってん。

kao

池田:夢を選んだんやね。かっこえー!

Q3.現在のロックシステムでのお仕事

メイン写真

司会:ロックシステムへの転職で前職から大きく働きかたが変わった皆さんの現在のお仕事を教えてください!

kao

小泉:今は消費税が変わって軽減税率が導入される関係である会社さんのシステムを作ってます。後輩2人と一緒に行ってるのでその子たちにも教えながら仕事してます。

kao

浅尾:僕はIoT系の開発をやってますね。そういう最新技術とかの仕事がやりたかったんで楽しいですね。スマートホームとか聞くとなんか未来感あるなって思うんですけど技術的には難しいことじゃないんですよね。全部個々に見ていくと分かるわって感じの技術ばっかり使っててそれを組合せて最終的にすごいもん作れるので夢がありますね。

kao

武田:おれは医療系の検査装置を作ってる。その前は工場の自動化のためのロボット作ったりいろんなことやったね。

司会:お三方は、それぞれプロジェクト先で様々な開発をされてるんですね。池田さんと樋口さんは社内でお仕事をされているそうですがどんなお仕事されてるんですか?

kao

池田:自社で開発のプロジェクトを少し手伝ったり、メインは新人研修とロックシステムアカデミー(プログラミングスクール)の受講生に指導をしてるね。

kao

浅尾:昨年まではプロジェクト先に行ってましたよね。なんで社内に戻ろうと思ったんですか?

kao

池田:ホームシックやね。っていうのは冗談で、組み込み系をずっとやってたけど新しくWEB系の勉強したいってロックシステム会とかいつも言ってたのよ。そのおかげか社内に新人研修の担当者が必要になった時に、社長から「社内でWEB系の勉強しながら新人研修の担当をしないか」と云われたのが経緯やね。

kao

小泉:お客さん先とどっちがいいですか?

kao

池田:どっちも好きかな。今は指導方法でいろいろ指摘されるけどそれも成長に繋がるし、コーディング技術力よりは人を見る力を上げていかんとなっていう課題もみつかったから。それは樋口さんを見習っていかんとあかんね。

kao

樋口:私もまだまだ勉強中ですよ(笑)私は営業、総務系の仕事、後輩社員の悩み事や意見を聞くメンター業をしてるので管理職の勉強しようと思ってアマゾンで管理職の本を2万5千円分買いました(笑)

kao

武田:すごい気合いやな(笑)もともと営業やっててエンジニア志望で入社したのに今の仕事はよかったん?

kao

樋口:それは全然大丈夫ですよ!研修期間勉強してエンジニアの仕事の難しさも知りましたし、いろんな人に話を聞いて前よりは理解したうえで私が技術者として働くよりは今の立場のほうが会社のために役に立つと思って納得したので今の仕事には満足してます!

kao

武田:なるほどね、ここはおれ以外みんなメンターやね。なんか難しいこととかある?

kao

樋口:やっぱり人の気持ちを理解するのは難しいですからね。考え方もみんな違うし、なんでそんな風に考えるのかとか一緒に考えて寄り添ってあげるのが難しいから日々勉強してます。

kao

池田:心を開いてもらうためにこっちも心を開いてるつもりだけどうまくいかないこともあるし。ちゃんとやれよって言ってやる気が出る子もいれば、逆効果な子もいるからその見極めが難しいとこでもあるし楽しい部分でもあるね。

kao

小泉:僕は最近メンターになったんですけど挑戦してみようと思ったのは池田さんがきっかけだったんですよ!

kao

池田:そのいい話聞かせて(笑)

kao

小泉:当時、前のプロジェクト先でどう対応したらいいかわからないことがたくさんあって、毎日メンターだった池田さんに相談してた時があったんです。

kao

樋口:彼女かってぐらいずっと電話してましたもんね。

kao

小泉:ほんまに出勤前とかにもかけてました、今から考えたら悩む必要のないことも聞いてもらってアドバイスもらったりして、あぁこれで大丈夫だなって思えるようになりました。だから自分も成長していくために池田さんからアドバイスもらったことや自分の覚えた知識を後輩に伝えていこうと思ってメンターを志願しました。 まだメンターが楽しいまではいけてないですけど今試行錯誤しながら頑張ってます。

司会:いいエピソードですね。浅尾さんも入社半年でメンターをされてますけど自分からですか?

kao

浅尾:そうですね、もともと人にアドバイスしてあげたり、寄り添ってあげるってキャラではなかったのでこのままだったらなにも自分が変わらなくて終わるから変わりたいって思ったのがきっかけですね。池田さんはズバッと言うタイプで、僕はなかなかズバッと言えないんで「浅尾さんでよかったなー」とか思われるようなタイプではまだないと思うんですよね。そういう部分ももうちょっと言えるようになっていかなあかんなって思ってます。

kao

武田:まぁおとなしい子とかは浅尾みたいに優しく言ってくれる方が合ってると思うけどな。

kao

樋口:社員数も増えていろいろな子がいるので、メンターは個々の個性を見極めていろんな自分の使い分けをしていきたいですね。武田さんはメンターしたいとは思わないんですか?

kao

武田:おれは今VTuber活動のリーダーしてるし、東京転勤も狙ってるから東京に行ったときにやるわ(笑)

Q4.若手リーダーの考える今後のロックシステムの課題

メイン写真

司会:メンター業、大変そうですね。みなさん試行錯誤しながら自分の成長のために頑張ってるんですね。個々の課題をお伺いしましたが仕事をされていく中で見えてきた会社の課題はありますか?

kao

池田:みんなおれに対して厳しいんとちゃうかな、もっと優しくしてもいいと思う。それは冗談やけどもっと社員の考え方とか同じ方向を向けていかなあかんなって感じてる。

kao

小泉:なるほど、例えばなにかありました?

kao

池田:例えば現場でも社内でも人に教わったりするけど、それって色々な人の意見、考え方があってどの人が正しいとか新人の子はよくわからんくなってると思うんよね。だからロックシステムとしてのコーディングの指針、設計書の考え方とか作らなあかんなって感じてる。

kao

浅尾:それは僕も感じてました、業界未経験の方も多いのでそういう指針は重要ですね。

kao

樋口:いうなれば教育の部分が課題ですよね。教える方も指針の下教えないといけないし教わる方も目的を持って勉強していかないといけないと思ってます。今は会社として技術的な部分は教えているけど考え方とか判断力を養う仕組みができていないのは事実ですね。

kao

浅尾:例えば新人研修でこれをつくってくださいってお題を出して、どういう風に作るのかっていうのを考えてもらうっていうのはどうでしょう?。そうしたら自分で考える力も養えるし、間違っていたら指導もしやすいと思います。

kao

武田:そうやね、新人が作ってなんでこういう作り方をしたのかっていうのを上司の前でプレゼンして指摘をもらう、そういう研修を取り入れてもいいかもね。

kao

小泉:新人がプレゼンするんですね。教育の幅も理解度も深まってていいと思います。

kao

樋口:でも新人研修でしっかり勉強してもプロジェクト先とかで生かせるかっていったら本人次第な部分が大きいんですよね。困ってないときに教わるより困った時に教えてもらった時の方が理解度が高いと感じてますし。

kao

池田:そうやね。プロジェクト先に行ってお客さんとかに言われて困ってからちゃんと教えたことが身につくんかな。だから実践でいろいろ経験するのももちろん大事やね。新人研修をもっと充実させて、研修終わってからも技術以外の考え方も教えられるような勉強会もしていきたいな。

kao

小泉:もっと社内とプロジェクト先で連携を高めていかないといけませんね。

kao

樋口:でも話を聞くとなにも困ってない子も多いんですよね。困ってないことはいいことなのかもしれないですし、悩みを引き出してあげられない私にも責任があるのかなって思ってますが、現状に満足してなんとなく毎日を無事に終えれば満足っていう子に成長について考える方法も一緒に考えていきたいですね。

kao

浅尾:そういう子には目標を一緒に考えていきましょう。資格の取得でもいいし、なにかを作るのもいいと思います。AIサークルでも教えてる子が普段聞けない知識が聞けて楽しかった、自分も勉強しますって目標持ってくれた時は嬉しかったので。

kao

池田:その通りやね、会社としての指針も考え方もこの業界では忘れがちになるから、おれが社内で見てること教えてること、みんながプロジェクト先で教えてること、やってることもっと連携して会社として考え方を共通にしていけばみんな現状に満足せずに一緒に考えていい方向に進めるんやないかな。

Q5.これからロックシステムで叶えたい夢

メイン写真

司会:現在のロックシステムの課題がよく分かりました。
それを今後解決していき、その先の未来、ロックシステムで叶えたい夢はありますか?

kao

武田:いま活動してるVTuberサークルの事業化もしたいし、エンタメ事業を立ち上げたい!クラウドファンディングで資金調達してプログラミングフェスみたいなエンジニアの人が集まれるようなイベントを開催するのもいいなぁ。まさにロックフェスみたいな!

kao

浅尾:海外でも音楽とITを融合したようなフェスやってますよね。

kao

武田:そんな感じのをロックシステムでできたらいいなぁ、そのために今VTuberサークルとか東京転勤を目指して頑張ってるわ!

kao

浅尾:良いですね。ITって色々できるからIoTとかドローンとか、そういう最新の技術を全部使ったようなことしたいですね。僕がやりたいのは例えば自動農園で天気や温度をセンサーで感知して、ドローンが自動的に水や農薬撒いたり海外やったらもうやってるとこもあるみたいですし、そういうのっていろんな知識が役立つんですよね。データベースしかやってない子でもできることはあるし、組み込みしかしてない人でもロボット作れるし、WEB系でも無駄な知識がないからエンジニアが集まってる会社なんだからそういうみんなの知識が集約されたもんができると思ったらワクワクしますね。

kao

樋口:そうですね、エンタメ事業もそうですし、たくさんエンジニアがいるんだからアイデア次第でいろんなものが作れますもんね。私は例えば仕事の効率化に特化したコンテンツを集めるとか、社員だけじゃなくても全世界のエンジニアの人がアプリを投稿してくれるAppストアみたいなことをロックシステムでできたらいいなぁって考えてます。

kao

武田:世界中が社員みたいな感じやね。YouTuberとかそういうイメージやもんね。

kao

樋口:それで東京で広いガラス張りのオフィス構えて壁に自分の名前を書きたいです!

kao

小泉:みなさん夢のある話ですね。僕はそんな大きい夢ではないですけどプロジェクト先で二人後輩を教えていて、教えたことが次見たときにできてるのがすごい嬉しいんです。だから自分の参画してるプロジェクトに後輩をどんどん入れていってリーダーみたいな立場になりたいですね。教えた子がまた新人に教えてできるエンジニアをどんどん育てていきたいです。

kao

池田:おれみたいに覚えたことを伝えていきたいんやね。

kao

小泉:先生になろうと思ってたこともあったんで教えるのは好きなんですよね。どんな仕事でも楽しいと思えてるので、後輩たちの指導で自分の弟子たちをたくさん育てていくのが夢です。

kao

樋口:小泉君教えるの上手ですもんね、勉強会とかで小泉教室をやってもいいんじゃないですか?

kao

小泉:まだまだ知識が足りないので自分ももっと勉強していかダメですけどね!そういう後輩指導の先輩である池田さんにいろいろ教えていただきたいです(笑)

kao

池田:まぁおれも挑戦してる途中やけどね。これからもっとロックシステムで働いてる人達が、この仕事つらいこともあるけど楽しいこともあるんやでーって思ってもらえるように教えていきたいな。こんな禿るまで苦労して覚えたことや経験をタダで教えてあげるのは、やっぱり若手が苦しんでほしくないからね。ロックシステムの社員みんなが仕事も会社も楽しいと思えるように指導も会社創りもしていきたいな。

kao

武田:そうやな、若手とかベテラン関係なく会社創りには参加できるし、おれもVTuberサークルとか立ち上げて会社からPC買ってもらったり協力的やから、面白いアイデアとかやりたいことできる仲間を増やしていきたいな。自分の考えたことが形になるっておもろいからなぁ、気づいたら時間も忘れてずっとやってしまうわ(笑)

kao

池田:最終的にはロックシステムでアイドルのプロデュースをやりたい。

kao

樋口:叶うといいですね(遠い目)

Q6.夢を叶えるためにこんな人と働きたい!

メイン写真

司会:みなさん楽しそうな夢をお持ちですね!もっと会社を盛り上げてその夢を叶えるために今後どんな人と働きたいですか?

kao

樋口:一言で言うと破天荒な人ですね。技術的なことは後からでもなんとかなるからとりあえず元気はあるみたいな、そういう人と働きたい。根っから持って生まれた部分はなかなか変えられないし、一つの才能だと思うのでそういう才能をお持ちの方は是非ロックシステムに来てください!

kao

池田:おれ破天荒やで。
今日会社の窓全部割って、ロックシステムのライングループに嫁と親を追加して明日スキンヘッドで来るから。

kao

武田:それは破天荒じゃないね、ただの狂人や(笑)

kao

池田:まぁこんな狂人でも適材適所活かされてる会社やからさ(笑)それって会社が社員を見てるのがでかいから。それぞれ活躍できる環境があるしほんまにいろんなキャラクターの人がいろんな角度で活躍してるから基本みんなウェルカム。業界の経験者やったら知識を隠す人が多い気がするからちゃんと知識を教えてくれる人がいい。

kao

浅尾:おれは自分でなんか作りたいとか創作意欲ある人が欲しいですね。おれがこんなん作りたいねんって話したときにへーって感じだとめっちゃ悲しくなりますけど、え、まじっすか!って感じだとこっちも話が熱くなるので。ただ手に職つけたいとかじゃなくてこういうの作りたいからプログラムしてますっていうような人といろいろ話したいです。

kao

武田:まさにそうやね、作りたいものに対して手段の一つとしてプログラミングを頑張れるって人だとええね。おれもそっち側やし、VTuberサークル立ち上げたのもこれからロックシステムでエンタメ事業をやるための手段の一つやし面白いアイデアとか行動力があれば一緒に楽しいことしていきたいね。

kao

小泉:目標がある人は強いですからね。それでいうと僕はくじけない人、失敗しても目標に向かってよし頑張ろう!って立ち直れる人と仕事がしたいですね。

司会:人数も増えてますし、これからも一緒に会社を盛り上げてくれる人を増やしていきたいですね!これからロックシステムを牽引していく皆さんの今後が楽しみです!
今日はありがとうございました!

他にもこんな先輩社員が在籍しています

中堅社員座談会サムネイル

【中堅社員編】座談会
やる気溢れる将来の幹部たちに語ってもらいました。

若手社員座談会サムネイル

【若手社員編】座談会
業界未経験から入社した若手たちに語ってもらいました。

先輩SE 岡田さんサムネイル

SE歴:9年

得意言語:Java

年収も上がった上に基本的には定時に帰ってあとは自分の時間を楽しんでいます。

先輩SE 岡林さんサムネイル

SE歴:14年

得意言語:Java

転職してからは慢性的な休出・残業から解放されて…最高ですね。

先輩SE 日野さんサムネイル

SE歴:12年

得意言語:Java

今のロックシステムの風通しの良さやフランクな社風を大事にしたい。

先輩SE 池田さんサムネイル

SE歴:8年

得意言語:C

人間関係のストレスが無くなり、良い職場環境で働きたかったという希望が叶いました。

先輩SE 遠藤さんサムネイル

SE歴:8年

得意言語:Java

会社の雰囲気が明るく楽しいので、以前より前向きになれました。

先輩SE 新田さんサムネイル

SE歴:15年

得意言語:Java

創業メンバーとして、会社が大きくなっているのを実感できて凄く面白いです。

先輩SE 陰山さんサムネイル

SE歴:13年

得意言語:C++

組織にありがちな力の強い人間が横柄になる環境がないから、ストレスがないですね。

先輩SE 楠神さんサムネイル

SE歴:12年

得意言語:Java

転職して一番びっくりするのは夕方の6時半に家に居ること(笑)。

先輩SE 武田さんサムネイル

SE歴:1年

得意言語:Java

ど素人でしたけど開発に関わることができました。それが一番良かったですね。

先輩SE 田中さんサムネイル

SE歴:6ヵ月

得意言語:Java

スキルアップしていきたいっていう思いが叶えられる環境になりました。

先輩SE 小泉さんサムネイル

SE歴:6ヵ月

得意言語:C#

困ったことがあればその度に聞いて相談出来ますし、丁寧に教えてくれました。

先輩SE 栗山さんサムネイル

SE歴:8年

得意言語:C++

残業の少ない生活に変わり、夫婦喧嘩も無くなって本当に良かったです。

先輩SE 大縄さんサムネイル

SE歴:13年

得意言語:C++

ゆっくり晩御飯を作る時間ができました。

CONTACT