TOP

BLOG

研修生日記

【Case.2】困った経験が必ず役に立つと確信しています。

【Case.2】困った経験が必ず役に立つと確信しています。

2020-07-01


こんにちは、2020年4月からロックシステムで研修中の松田 拳士朗と申します。

今回は私のことやロックシステムの研修、社内の様子をブログに残します。

最後に私の好きなファッションのこだわりを語らせてもらいますので最後まで読んでもらえれば喜びます。

ロックシステムとの出会い

私は大学では物理学を専攻していましてプログラミングは独学です。

当時大学院に進学予定で、院の入試にも合格していました。

しかし、「お金を払って学びにいくのではなく、お金をもらいながら学べる社会人の方がいいのでは?」と思うようになり、大学院をけって、就職活動をしていました。

そのころにプログラミングに出会い今までにない「楽しい」を感じました。

プログラミングはPC上で完結するため、構想→実装→反省のサイクルが短く、そのサイクルが短ければ短いほど「楽しい」を多く取得できると感じています。

そしてロックシステムに出会いました。

きっかけは求人サイトで見かけた「ブラック企業をやっつけろ!」

当時私の就活の基準は大阪が勤務地のIT企業で加えて、ホワイトな社風を求めていました。

ゆえにロックシステムのブラック企業と真逆なスタイル、しかもやっつけろというエッジの利いた理念に惹かれました。そしてなによりも魅力的だったのは、社長の髪型ですね。

そんな理由で私は未経験ですが開発を主とするロックシステムへ入社しました。

ロックシステムに入社し実際に「働く」のは初めてだったので、研修初日の定時間際「どのタイミングで帰っていいのだろう」と様子を伺っていると部長の新田さんから「定時近いし、きりのいいところで帰っていいよ」この言葉に救われ、メリハリをつけて研修をしています。

ロックシステムの研修はより実践に即した内容

最初にロックシステムの研修で行っている開発の流れを説明します。

ロックシステムの研修は、「ただテキストを読んでその通りに何かをして終わり」「何か難しい問題を出されて放置」ではなく、実際の開発と同じ流れで、業務アプリの設計から単体テストまでを行い、リリース後、ユーザーの意見を取り入れて改修も行います。

実際の開発と同じ流れを経験できるのでより実践に即した内容だと思います。

まず、設計のフェーズでは先輩から作るシステムを説明してもらい“プレコーディング”でだいたいの機能が実装できたという時点で、詳細設計を行います。 プレコーディングをしているので、機能について理解が深まり設計がしやすいです。

設計が終わると、先輩にレビューをしてもらい、レビューを通ると次は製造です。

そこでプレコーディングで漏れていた機能や細かい点を修正していきます。先輩にインデントが正しいか、メソッド化して共通化できないか、など細かい点まで見てもらい製造が完了します。

それが終わればテストのフェーズです。

まず、どんなテストをどんな手順でするのか、想定されうる状態を漏れなく文章化します。先輩からのレビューを受けた後、テスト仕様書に沿ってエビデンスを取りながらテストを行いテストのフェーズは完了です。

リリース後実際にシステムを運用してもらい、使い勝手や機能の追加など改修を行い、それぞれの設計書を編集します。

そして再びチェックをして頂いて一連の流れは完了です。

困った経験がこれから必ず役に立つ

今一連の流れを経験した時点でブログを書いています。

研修の中で私が躓いたことを参考に紹介します。
①MVCモデルの理解および実装
②WEBアプリの作成
この2つです。

①MVCモデルの理解および実装
当時Daoの役割やモデルをわざわざ作る意味も理解ができておらず苦労しました。

既存のコードを読み解きながら、なんとなく理解して先輩に「MVCモデルについて~という理解をしているのですが、あっていますか?」という質問をしながら、なんとか登録・更新・削除・検索機能を実装していました。

②WEBアプリの作成
WEBアプリの作成も戸惑いました。

ロックシステムの研修ではC#をメインに教えているのですがC#だけでなくHTMLやCSS、JavaScriptもかかわってくるので混乱しました。どのファイルを編集したらいいのか、どこに何を書いたらよいのか初めての事ばかりで余計にテンパってました。

しかし研修も2カ月が経ち今では理解できています。

これは研修を通して成長した次の要素が大きいと感じています。

それは、

・質問力
・検索力


私は「わからない…わからない…」という状況になったらできたことは何で、できないことは何なのか考えるようになり、それを元に検索、質問するようになりました。

また、現環境が質問しやすい環境なので、とてもありがたいです。

質問の仕方にも工夫があり、なるべく答えやすい形で質問をするように心掛けています。

具体的には、オープンクエスチョンではなくクローズドクエスチョンを投げるようにしています。

例えば、

「優先順位にAを1番、Bを2番と考えているのですが、正しいですか?」

「~で困っていて、〇という検索ワードで検索をしているのですが、他に良い検索ワードはありますか?あるいは、参考になるサイトをご存じないですが?」

という質問をしています。

この「質問力」「検索力」の成長で困ったことがあっても大抵のことは解決できるようになりました。 もちろんこれは一人で解決しているのではなく、先輩や同期の仲間たちの力を借りながら解決しています。

結論から言うと、まだ一人の力でゼロからアプリを作ることはできません。

ただこの調子でいけばそれは達成出来そうです。

ロックシステムでの研修を通して成長を実感し、未経験で人一倍困ったことも多いと思います。しかし、この困った経験がこれから実際のプロジェクトで必ず役に立つと確信しています。

研修を終える頃には学んだことを生かして早く一人前になれるようこれからも努力していきます!

短パンの履き方

真面目な話ばかりだと読む方の時間がもったいないので少しでも役に立つ話をしたいのでおまけです。

弊社開発室では短パンが許可されました。

なぜ短パンを履くのか?涼しくなりたいからです。

日本人は一般的に短足胴長です。そんな短所を克服する必要があります。

短パンのコーディネートの際に用いるYラインを死守することです。

Yラインとは、簡単に言うとトップスにボリュームを与えて、ボトムスはボリュームを抑えた服装のことを指します。

今回は短パンなので、布の面積が少ないです。

また素足が見えているので、ズボンをはいているときよりも当然細く、短パンを履くとボトムスのボリュームは抑えられることになります。

従って、短パンを履くとYラインを形成しやすくなりますね。

あとはどうしても短パンは幼くみえてしまうので、ローファーでその印象を相殺しています。綺麗めなスニーカーとかでも良いですね。しかし一歩間違えたらくさむらから飛び出てくる虫取り少年になります。

まずは、素材にこだわりましょう。ブロードを選ぶのです。

ブロードとは、普段着られているシャツに使われている素材で、光沢があり、いわゆる「キレイめ」です。

これが少年っぽさを打ち消すのです。次は、丈にこだわりましょう。

せっかく足を見せるのです。足を長く見せる必要があります。かといって、男の足です。見せすぎても不快です。

いい塩梅は、裾の幅が広く膝小僧よりちょっと上の丈です。

裾幅を広くするのは、足を細くみせYラインを強調するためです。丈の理由はこれくらいが足の面積を増やし、かつ不快でないからです。

以上です。 最後まで見ていただいてありがとうございました。

他の記事へ